HOME > 生活関連 > コスモス成年後見サポートセンター

コスモス成年後見サポートセンター

成年後見人の役割

 成年後見人は、本人(被後見人)が認知症等により判断能力が不十分となった際、本人に代わって契約などの法律行為を行います。 ここでの法律行為は「財産に関する法律行為」で、「財産管理」と「身上監護」を目的とするものです。 判断能力が低下すると、成年後見人がいなければ、これらの法律行為を有効に行うことが困難になります。

「財産管理」とは、例えば預貯金の管理・払戻し、公共料金の支払い、年金の受取り、不動産の売買・賃貸契約など重要な財産の管理・処分、遺産分割・相続の証人・放棄など相続に関する財産の処分などがあげられます。

「身上監護」とは、日常生活や病院などでの療養看護に関わる法律行為で、例えば日用品の買物、介護サービスの利用契約・要介護認定の申請・福祉関係施設への入所契約や医療契約・病院への入院契約などがあげられます。 身の回りの世話をする身体介護などの行為自体は含まれず、それらのサービスを行う機関との契約等の行為を行います。

成年後見人の理念

 成年後見人が財産管理・身上監護に関する事務を行うに当たっては、本人の意思を尊重し、本人の自己決定の尊重と本人の利益保護の両立を図りながら、本人の幸福の実現を目指します。 また、本人が自分らしい生活を送るため、残された能力を最大限に活用することも必要であると考えます。

コスモス成年後見サポートセンターについて

 成年後見人の仕事は多岐にわたり、その役割も重要ですので、一個人の経験や知識だけで完璧にこなすには限界があります。 そのため日本行政書士会では、一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターを設立して会員の資質の向上に努め、また、会員の指導・監督を徹底するとともに、万が一に備えて、会員全員が成年後見賠償責任保険に加入しています。 地域の行政や関係団体とも連携・交流を図り、成年後見制度の普及促進に努めたり、所定の研修を終えた会員を、各地の家庭裁判所に、後見人・後見監督人などとして推薦したりしています。

 コスモス成年後見サポートセンターの会員になるには、法律や成年後見制度はもちろん、認知症や知的障害に関する理解、障害年金や介護保険制度、消費者被害や高齢者虐待など幅広い分野にわたる長時間の研修を受け、検定に合格した者だけが会員資格を与えられます。 さらに、前述のとおり全員が成年後見賠償責任保険に加入しています。 また、月1回以上の研修会により常に知識の向上に努め、会員同士の情報交換を図っています。 受任した業務については定期的な報告が義務付けられ、センターのバックアップを受け、不適切な業務や不正が行われる余地を排除しています。

>> コスモス成年後見サポートセンターのご案内(外部サイト)

当事務所のお勧めポイント

 当事務所の行政書士はコスモス成年後見サポートセンターの会員であることに加え、消費生活アドバイザーとして、また2級ファイナンシャル・プランニング技能士として、ご本人の生活全般のサポートをお約束いたします。
 後見人の仕事は、本人の人生を丸ごと預かるようなものですから、報酬面だけで言えば、正直、割のいい仕事ではありません。 しかしながら、哲学者アミエルの次の言葉を、他の業務にも増して実感できる仕事なのです。
「他者を幸福にすることは一番確かな幸福である」


>> 『成年後見』に戻る