クレジットカードのご利用について

  


当事務所では、お客様の利便性を考慮して、申請手数料まで含めたカード払いを導入しました。
現代では支払いにクレジットカードを利用するのは常識です。 カードが使える行政書士事務所はまだまだ少なく、使えても行政書士の報酬のみで、 役所への許認可申請手数料は現金払いという事務所が多いのではないでしょうか。

ご利用いただけるカードは、(VISA)(Mastercard) 又は(JCB)のロゴが入っていれば、どこのカード会社でも大丈夫です。
ただし、ご利用は一括払いに限られます。
なお、カードのご利用にはインターネットに接続できるパソコン上で、メールを受信できる環境が必要です。


後からリボ払いや分割払いに変更

カード利用時に一括払いを指定しても、後からリボ払いや分割払いに変更できるサービスが各カード会社で用意されているのをご存知でしょうか。 思っていたよりも請求額が大きくなってしまったときなどに重宝します。 このサービスを使えば、申請手数料も分割で納めることが可能になります。 以下に、主なカード会社のウェブサイトを紹介していますが、詳しくは、ご利用のカード会社にご確認ください。

※分割払い:指定した支払回数に分割して支払う方法(例:20回払い)
 リボ払い:月々の支払額を指定して支払う方法(例:毎月1万円)
 いずれも、カード会社所定の手数料が加算されます。

なお、変更サービスを実施していないカード会社もありますので、ご注意ください。


三井住友VISAカード
 リボ払い
 分割払い

三菱UFJニコス
 MUFGカード
 DCカード
 NICOSカード

Cedynaカード

イオンカード

楽天カード

セゾンカード